複刻 江戸切絵図 全32図   参考資料 
八町堀細見絵図について 
 江戸切絵図の
絵図クリックで拡大

 
与力と同心の町“八町堀”
尾張屋は「築地八町堀日本橋南絵図」を嘉永2年(1849)に初出した12年後、文久の3年間(1861~1863)に、この地域を3分割した切絵図を板行します。「京橋南築地絵図」(文久元年)、「八町堀細見絵図」(文久2年)、「霊岸嶋八町堀日本橋南絵図」(文久3年)の3図です。

その一つの「八町堀細見絵図」は町奉行所配下の役人、いわゆる「八町堀の旦那衆」と呼ばれた与力・同心達が集中して住んでいた茅場町から本八町堀に至る区域だけに焦点を当て、役人名とその屋敷内に借地している生業者たちを記した切絵図です。↗


   

江戸の町奉行は南町と北町が月番で分担し、それぞれに与力、同心が配置されていましたので、絵図上でもそれが識別できるように南は薄青、北は薄赤に地色を色分けし、与力の氏名の頭には“㋕”を付けて、無印の同心たちとの選りわけができるようにしています。(図1,2)

江戸学事典(弘文堂)によると、嘉永2(1849)年当時の南町奉行所と北町奉行所の与力の数はそれぞれ25人と決められていたそうですが、13年後の文久2(1862)年板行のこの絵図では、㋕の付いた与力は南北とも23人、㋕のついていない同心の数は95人前後です。

 
1 「八町堀細見絵図」文久2年の凡例
(東京都公文書館蔵) 
南町奉行所配下(薄赤)と北町奉行所配下(薄青)の与力が色分され、それぞれ探しやすい工夫がされている。

 


 
2 「八町堀細見絵図」文久2年部分(東京都公文書館蔵)
南と北の町奉行配下の与力屋敷が色分けされている。㋕(与力)のほか、医(医者)、手(手習い)、刀法(武術)等の略号が人名の頭に見える。

     
 
土地を貸して生活費に補填していた与力
与力の所有地の広さはおよそ250坪から350坪、同心は100坪余だったそうです(江戸学事典)。八町堀細見絵図を見ると、与力の広い土地の中に“医”とか“勾当”“検校”“歌人”といった文字が頭についた人名が多数ありますが、これは与力がこれらの生業(なりわい)の人に土地の一部を貸して生活費に補填していたそうです。

この絵図中の借り手の数を生業別に数えてみると、医(医者)=32、勾当(事務官)=9、検校=4、手(手習い?)=6、歌人=2、御用達=2、手跡(書記?)=1、金座人=1、刀法=1、能(能役者)=1、儒(国学者)=1、心学(道徳)=1、具足師=1で、そのほか変わったところで吉床(床屋 ろ参)、初音(駕籠屋? は弐)が見えます。

近江屋板を大胆に改変した尾張屋の工夫
尾張屋板「八町堀細見絵図」(文久2年)は、近江屋が8年前に出した「本八丁堀辺之絵図」(嘉永7年)に幾つかの変更を加えて板行したものでした。両者とも八町堀に限った区域を扱っているのは同じですが、使いやすくするための尾張屋の工夫を随所に見ることが出来ます。

①7色の彩色地図 近江屋が墨、黄、薄青の淡彩3色で刷っているのに対し、尾張屋は墨、青、朱、黄、灰、薄青、薄赤の濃彩7色を使い、見やすく、華やかになっています。
   

②方位を180度回転 尾張屋は近江屋板の絵図の天地を逆さまにしています。近江屋板の本八町堀辺之絵図は東を上にしているのに対し、尾張屋板はそれを180度回転させて西を上にしています。
この区域は東を上にすると江戸湾が絵図の上方にきて、江戸城が真下の方角になります。八町堀細見絵図には江戸湾も江戸城も出てきませんが、尾張屋板は江戸城が真上の方角に来るように変更されていました。

③旦那衆の表示を工夫 近江屋の八町堀絵図は、与力に片仮名で“ヨ”を付け、南町奉行所の配下衆には▲、北町には●を名前の頭に付けて区別しています。尾張屋は前述のように与力に㋕を付け、同心は無印、南北の所属は地色を薄青と薄赤にしています。絵図を開いた時に南北の配置状況が一目で分かり、目的の与力や同心の屋敷が探しやすくなっています。

④借り手の生業を表示 近江屋板は与力の土地を借りていた人名を、“勾当”“検校”だけは杉浦勾当”“篠崎検校”と表記し、ほかの生業の借り手については鈴木良庵、小泉仙竜、あるいは松寿堂、竜翔堂などと号を入れてあるだけです。生業が分からないように?しています。
尾張屋は勾当、検校以外の生業にも医、手、歌人、能の文字を氏名の頭に付けて、名前と生業の両方がわかるようにしています。
 
参考文献
江戸切絵図集成 斎藤直哉 朝倉治彦 中央公論社1981-84
江戸図の歴史 別冊・江戸図総覧 飯田龍二 俵元昭 築地書館 1988
江戸切絵図の世界 別冊・歴史読本 60号 新人物往来社1998

文責・岩橋美術 岩橋文武
 
 

 江戸切絵図中の武家姓ベスト7、鈴木161、加藤92、小林91、山本83、中村74、吉田68、内藤67、別格で松平174。 


江戸切絵図の  全32図一覧  区分一覧  板行年一覧  収納ケース  総索引  


お問い合わせは下記へ






製作・発売 
岩橋美術
 

〒285-0922 
千葉県印旛郡酒々井町中央台3-3-1
中央台ハイツ5-104

電話 043-496-7454 
携帯 
090-1035-5256
FAX 
043-496-7482
 
メール ::  
info@iwabi.jp
URL゙ :
 iwabi.jp(検索)

copyright. 2004-2007 iwahashibijutsu
all rights reserved

無断転載使用禁止
 
江戸朝顔より 1072