江戸切絵図の復刻版発行まで
  
私がこの江戸切絵図に初めて出会ったのは、平成6年、江戸町火消64組各組の受け持ち町を調べるために国会図書館に行った折でした。

何種類かの江戸地図関係資料から旧上野帝國図書館蔵書目録中の“江戸切絵図”を探し当て、貴重書扱いの古典籍資料室で閲覧させてもらうことになりました。

ゴム板が敷かれた机で待っていると、「尾張屋板 江戸切絵図 28図」は、紫色の袱紗状の布に包まれて運ばれてきました。



国立国会図書館 冑山文庫中の「江戸切絵図」表紙 
全図とも元題箋が残り(上図)、虫喰い、破れなどがほとんど無く、文字の彫り跡も鋭く、正確に多色刷りされている切絵図でした。

その後何度か国会図書館に通い、撮影許可、復刻許可を申請するかたわら、各図の採寸や折り方、
用紙の風合い、彩色の状態、表紙の貼り位置の確認など、復刻版発行の準備にとりかかりました。

この国会図書館蔵・江戸切絵図28図は、すべてが初板年板で揃えられていました。 尾張屋は売れゆきのいい絵図を何回も重板し、安政4年には21点の絵図をまとめて重板や改正新刻して、26図~28図のセット販売もしたようですが、この28図には重板や改正板は入っていませんでした。“板行年表”参照

タテ16.7㎝、ヨコ9.5㎝に折りたたまれ、
薄浅黄色の厚紙を表面と裏面に貼って表装し、表紙には子持ち罫の枠内に絵図名を墨刷りした題箋が貼られています。題箋のサイズは、文字の多少にかかわらずタテ11.3×ヨコ2.7㎝。


28枚の絵図を広げた時の大きさと形は大別して4種類。
1、正方形に近い形 約50×54㎝ 22枚
2、長方形A 約38×73㎝型 3図 芝高輪辺絵図 駿河台小川町絵図 小日向絵図
3、長方形B 約74×54㎝型 2図 深川絵図 本所絵図
4、長方形C 約49×90㎝型 1図 下谷絵図

後で加わる4図を合わせると、正方形型が25図、長方形型が「八町堀細見絵図36×66㎝が入って4種類7図となります。(全32図一覧の〈サイズ〉欄参照)

長方形の切絵図にはタテ・ヨコの比が1対2に近いのがありますが、正方形2図分の地域を長方形1枚で見れるようにした尾張屋の工夫がうかがえます。(江戸切絵図のサイズ参照)

各切絵図は和紙を貼り合わせたのを台紙としていました。正方形型は2枚、長方形型は2~4枚、1枚ものはありません。1枚の和紙のサイズは最大が約50×36㎝、最小は約24×17㎝(深川絵図、本所絵図)。

「八町堀細見絵図」を加えて、サイズの違う5種類の絵図をすべてタテ16.7㎝、ヨコ9.5㎝に折りたたむには、折り方と表紙・裏表紙の貼り位置がそれぞれ5通りあることになります。

本複刻版は、折り方と表紙の貼り位置を原図と同じに仕上げ、“江戸人が使った形の再現にこだわりました。5種類の貼り位置については、それぞれの裏面写真をご覧ください。正方形型長方形型A長方形型B長方形型C長方形型D、参照

各絵図の裏面に人名・地名・寺社名索引を付け、加えて全32図の索引をまとめた「江戸切絵図 総索引を別冊で作り、幕末期の“江戸全域の索引”としての使用に耐えるようにしました。


複刻版制作は
平成7年の写真撮影から始まり、復刻許可申請、索引作成を経て、2図ずつの刊行許可申請をしながら、平成16年7月、隔月2図ずつの発行がスタートしました。

刊行途中で、冑山文庫に入っていなかった4図も、各機関のご協力を得て加える事が出来ました。
小石川絵図(嘉永7年 新刻)     東京都立中央図書館蔵
京橋南築地絵図(文久元年 再刻) 東京都立中央図書館蔵
八町堀細見絵図(文久2年 新鐫)  東京都公文書館蔵
霊岸嶋八町堀日本橋南絵図(文久3年 再刻) 個人蔵

尾張屋板・江戸切絵図の複刻は、隔月2図の発行約束を守りながら平成19年1月、スタートから2年6ヶ月後に全32図完結しました。

復刻版を発行して数年後、
原図として使用した国会図書館蔵「江戸切絵図 28図」は、幕末~明治に生きた根岸友山(ゆうざん 文化6~明治23)という人物の所有だったことが判明しました。“原図の所有者”参照



      全32図一覧へ      区分一覧へ      板行年一覧へ      収納ケースへ      






制作・発売元
岩橋美術

〒285-0922 千葉県酒々井町中央台3-3-1-5-104
電話 043-496-7454 Fax 043-496-7482
メール info@iwabi.jp  URL:iwabi.jp

Copy right(C). 2004-2007 iwahashibijutsu all rights reserved
禁無断転載