尾張屋 明治2年板 大名小路絵図 部分 (個人蔵)

下絵図クリックで「嘉永2年板 大名小路絵図」の同じ部分へ


明治2年板「大名小路絵図」部分


この区域には江戸幕府の老中・若年寄の上屋敷が置かれていましたが、明治2年には全てが消えています。


右下の「元会津屋敷 軍務官」の場所は、会津藩「松平肥後守」の上屋敷で、江戸城警護の要でした。


左の黒塗り部分は代々若年寄の屋敷で、慶応元年板では陸奥下手渡藩「立花出雲守」、その右隣の「報恩隊」は老中・浜松藩「水野和泉守」で、江戸幕府の老中・若年寄の屋敷が全て明治政府の機関に改称されています。


弊社刊・嘉永2年板「大名小路絵図」の同じ部分と比較すると、大きな時代のうねりが伝わってきます。


現在この区域は皇居前広場になっています。



   
    全32図一覧へ    区分一覧へ    板行年一覧へ    収納ケースへ     





 制作・発売元
岩橋美術

〒285-0922 千葉県酒々井町中央台3-3-1-5-104
電話 043-496-7454 Fax 043-496-7482
メールinfo@iwabi.jp  URL:iwabi.jp

copyright. 2004-2007 iwahashibijutsu all rights reserved
禁無断転載